1000円定期LP

HANAオーガニックさんから今年も「ローズウォーターヌーヴォー2018」が発売です!

皆様、ご無沙汰してしまってすみません!!
実は飼っている猫ちゃんの調子が悪くて、そちらに付きっきりでして・・。具合の悪そうな愛猫を見ているのは辛いもので〜〜。(;_;)ちょっと落ち着いてきたので、久々に更新することが出来ました〜〜。

本日ご紹介したかったのは「HANAオーガニック」さんが毎年出している「ローズウォーターヌーヴォー」の2018年バージョン!!
何年か前に使ったことがあって、すごく良くて毎年使いたいな〜〜って思っていたらすぐ売り切れてしまって〜〜。それで今年こそは!!ということで発売してすぐ購入できて、やった〜〜!って感動して早く皆様にもお伝えしなくては!って思っていたところ、猫ちゃんのことでてんやわんやで、そうこうしていると
売り切れてしまいました・・(−_−;)
申し訳ないです・・・。
来年の参考程度にでも気が向いたら読んでくださいませ〜〜〜。

>>>HANAオーガニック

「ローズウォーターヌーヴォー2018」って?

「ローズウォーターヌーヴォー」といのは、早済みローズの美容水のことなんです♪♪しかも、ブルガリアのバラの谷より直送といった何とも「大人の女性の素敵」が詰まったような一品となっています。^^

毎年毎年違った表情を見せてくれる「ローズウォータヌーヴォー」。2018年はどんな仕上がりになっているんでしょうね〜〜♪♪

今年は天候にも恵まれたせいか、大地の力強さを感じる香りになっていて、甘さと爽やかさのバランスが絶妙とのこと。また、注目すべきは若返り効果のある「トランスゲラニオール」が歴代で最も多い!んですって。^^
使わなくては損!!って思ってしまいますね。(笑)

実際に使ってみました!

ボトルを可愛らしい紙で包んだパッケージで届きます。ブルガリアの伝統刺繍をモチーフにしているらしくて、とっても愛らしいです。プレゼントにもぴったりな仕様になっていました。
包み紙をむいていくと・・。


素敵なバラの写真が一面にありまして〜〜

その真ん中にブルガリアからのお手紙が書かれてあります〜〜♡

容器はミスト式になっています。

使用感は?

スリムな容器なのですが、サイズはしっかり使える100mlとなっています。スリムなので持ち運びにも便利ですよ〜〜。^^

少し出してみますね!

細かなミストなのでシュッ!と1プッシュでも、存分にしっかりと広がりを感じることが出来ます。馴染ませてみますね!

細かくミスト状に出るからか、ものすごくお肌への馴染みは良いです!

実際にお肌につけてみてどう?

お肌がしっとりするとか、もちもちになる、とかそういう類のミストではなく、とにかく
香りが良い♡♡からずっとシュッ!シュッ!していたい!
って思わせてくれるミストなんです〜〜。^^

花精油を入れないダマスクローズだけの香りということで、ローズそのものの香りを楽しむことができるからか、深呼吸するたび、体の芯まで香りが行き渡り自分の体が蘇るような、不思議な感覚になるんです〜〜。イライラした時、嫌なことがあった時、リセットボタンを押すように「ローズウォーターヌーヴォー」を吹きかけると自然と自分を取り戻せるような、そんな気分にさせてくれます。

私は、朝も夜も使っています。朝は1日の始まりを気分の良いものにしたい!という思いから。夜は1日頑張った自分へのお疲れ様の思いを込めて。また、日中帯も使っていて、気分を変えたい時に手のひらにシュッ!と吹きかけて、その手のひらを鼻に近づけて思いっきり深呼吸したりして使っています。ものすごーーーく良いですよ!^^

ローズって科学でまだ解明されていないことも多いらしく、
・リラックス効果
・肌バリア機能のケア
・活性酸素の抑制
・心に幸福感を取り戻す
・ホルモンバランスを整える
・胃腸の働きを整える
・デオドラント効果

のような神秘的な魅力があるようです。^^

まとめ

タイミングを逃すとなかなか購入できない、とっても希少価値の高い「ローズウォーターヌーヴォー」なのですが、この時期だけのお楽しみ♡ということで、来年はどんな表情を見せてくれるのか今からとっても楽しみにしております。^^
今年の分は残念ながら完売ですが、機会があれば皆様も是非試して下さいね!私の大好きな「HANAオーガニック」さんには素敵なお品がいっぱいありますので、気になる方は是非チェックしてみて下さいませね♪♪
>>>HANAオーガニック

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

↓↓↓ランキングに参加しています!よろしければ応援お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る