オーガニックコスメ・ナチュラルコスメ・無添加化粧品の違い | オーガニックの部屋

オーガニックコスメ・ナチュラルコスメ・無添加化粧品の違い

SONY DSC

近頃オーガニックコスメにどっぷりはまってしまっている私ですが、いろいろ疑問も湧いてきてちょっと立ち止まって考えてみることにしました〜。^^


ちまたで良く耳にするオーガニックコスメナチュラルコスメ、そして無添加化粧品
いったい何が違うの〜〜??
どれも似たり寄ったりなんじゃないの〜?って思ったり、思わなかったり・・・。^^
今日はその違いについてご説明させて頂きたいと思います♪


ではまず最初に、オーガニックコスメナチュラルコスメの境界線についてお話したいと思います。^^
★オーガニックコスメとナチュラルコスメの境界線ってどこ?★
厳密に言うと、オーガニックコスメとナチュラルコスメの明確な線引きはできないというのが現状なんです。と言うのも、日本ではオーガニックコスメは法的に「オーガニックコスメ」と認定されているわけではなく、その基準は各化粧品メーカーに任せれているんです。
すなわち、各々の化粧品メーカーが「これはオーガニックコスメです」と言えばそれはオーガニックコスメになってしまうんです。


なるほど〜。私たち消費者にとってはまだまだ分かりづらい世界なんですね・・・。


それでは明確な定義や基準がないことを踏まえつつ、個別の説明にいってみたいと思います。^^


★オーガニックコスメって?★
農薬や化学肥料を使わず有機栽培植物を使って作られた化粧品というのがオーガニックコスメであることの大前提にあるかと思うのですが、それだけでは「オーガニックコスメ」であるということに不十分で、第三者に認証してもらわないとダメなんです。


まずは、「オーガニック認定」済みのコスメであるということが、第1ハードルクリア!といったところでしょうか。^^


ただですね、さらに調べてみると、「オーガニック認定」についても、私たち消費者には分かりづらい点があるようなんです〜。
オーガニックコスメであることを認定する機関は世界各国にあるんですが、気になるところは、その機関ごとに認定の基準が異なるというところ。
海外のオーガニックコスメ認証機関から認定を受けているからって、全て100%天然成分というわけではなく、認証団体によっては何パーセントかの合成成分を含んだコスメでも「オーガニックコスメ」の認証をしているとう現状があるようでなんですよね。
すなわち、オーガニックコスメの統一基準がない(欧州の統一基準もなければ、もちろん日本にも統一基準はありません。)というのが現状のようなんです。


認定の有無については「オーガニックコスメ」を選ぶときの大事な基準となり、信頼も置けると思うのですが、それだけが全てではありません。認定は取得していなくとも、認定を上回る厳しい自己規定を設けている化粧品メーカーもあるようです。


★ナチュラルコスメって?★
ナチュラルコスメはその名の通り、「自然由来の天然成分の配合にこだわったコスメ」ということなんですが、その意味合いはオーガニックコスメよりもさらに曖昧なんですよね。
はっきりとした基準が無い為、極端に言えば「5%が天然成分」であと「95%は化学物質」ということでも「ナチュラルコスメ」ということができてしまうのです。


ナチュラルコスメを選ぶ際には「天然成分がどれくらいの割合で入っているか?」ということに着目する事がポイントになりそうですね。^^
ちなみに、コスメの成分表には配合成分の多い方から順に記載されているそうですよ。


★オーガニックコスメとナチュラルコスメのまとめ★
大きく分けてみると、オーガニックコスメナチュラルコスメの中に分類され、その中でも、オーガニックコスメはさらに強いこだわりをもって製造されているのです。原料に使われる植物の栽培方法全ての製造工程、さらには自然環境も考えて、各メーカーが責任をもって製造しているということのようです。^^


オーガニックコスメが持つ深い意味・良さは、まだまだ伝えきれていないので、また別の機会にお伝えできればいいな、と思っております。^^
では最後に無添加化粧品にいってみましょう。


★無添加化粧品って?★
無添加化粧品と聞いて何を思いますか?
私もそうだったのですが、無添加化粧品というのは化学的に合成された成分が全く配合されていない安全な物といったようなイメージがありませんか?
でもよく考えてみると、一体何が無添加なのでしょうか?


ここで少しコスメの歴史を遡ってみましょう。
日本では2001年に化粧品全成分の表示が義務付けられたのですが、それ以前は「102種類の表記指定成分」は必ず記載するように!という決まりがありました。ではこの102種類の表記指定成分って一体何なのでしょうか?それは、「アレルギーなどの皮膚トラブルを起こす可能性がある」と国に定められた成分なのです。


2001年から化粧品は全成分表示を義務づけられたわけですが、そのためにこの「102種類の表示指定成分」は「旧表記指定成分」と言われるようになりました。


現在は「無添加」と表記するにあたって明確な決まりが無い為、「無添加化粧品」というのは、この「旧表記指定成分」のうち何か1つでも添加されていなければ「無添加化粧品」と呼ばれることになるのです。


無添加化粧品を選ぶに当たって大切なことは、「無添加化粧品」=「添加物が全く入っていない化粧品」ではない!ということを頭に置きつつ、自分にとってアレルギーの起きる可能性がある成分が使われているのか、いないのか、などに気をつけながら選ぶということがポイントになってきそうです。^^


★最後に★
長くなってしまいましたが、、オーガニックコスメ・ナチュラルコスメ・無添加化粧品それぞれに良い点や特徴があり、また問題点も見えてきたと思います。
それぞれの特徴は、そのコスメを選ぶときの大事な道しるべとなることは間違いないのですが、大事なことはそれぞれの特徴を過信せず自分の肌と向き合い、自分の肌と相談し自分にとって一番心地よいコスメを選ぶ事が私たち消費者に求められているような気がします。


私自身も今回の調べはかなり勉強になりましたので、今後のコスメの選び方も一層研ぎ澄まされたものになるように、自分自身の肌と向き合っていこうと思います。^^


↓↓↓ランキングに参加しています!よろしければ応援お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*私のおススメ*



カテゴリー

ページ上部へ戻る