健やかな髪でいつまでも女性らしい印象を保ちたい♪そんな願いに「HANAオーガニック」のヘアケアはいかがでしょう〜?^^

皆様お久しぶりでございます。ダメですね〜〜〜。前回からかなり日にちが空いてしまいました。ごめんなさい!(T_T)

さてさて、本日は女性らしさの象徴の一つとも言える髪の毛の話〜〜〜。先日友人と話していたら髪の毛の話になって〜。40代半ばになってくると、本当に髪も年をとってしまうんですよね。年齢を感じてしまうのには白髪はもちろんなんですが、それ以外にもぱさつき、乾燥、くせ、うねり、ツヤがないなどいろいろあって、やっぱり若い子の髪と年配の髪は全然違う!って盛り上がって〜〜〜、そして怖くなって〜〜〜。(^_^;)いくらお肌のケアをしていても、髪の毛で年齢がバレてしまうとかしないとか。

そんなアラフォーから増えてくる悩みをどう乗り切るか?が、今後の髪の毛人生を素敵なものにしていくポイントになってきそうでね。日頃の髪の毛のケアも決してあなどれません!^^
そんな日々のヘアケアに私は「HANAオーガニック」さんのHANAオーガニックリセットシャンプー&3WAYトリートメントパックを使っています♪♪

健やかな髪を保つには正常なヘアサイクルが大切!

髪の毛1本1本に寿命があるって知っていました??なんか改めて聞かれると、ん??って感じになりますよね。

そうなんです!髪の毛1本1本には寿命があるんです。新しく生まれた髪は2年〜6年かけて成長し、細胞分裂が止まる頃になると新しい髪の芽に押し上げられて、寿命を迎えた髪は抜け落ちる・・っていうサイクルがあるみたいなんですね。髪がしっかりと成長しきってから生え変わるっていうヘアサイクルが健やかで豊かな髪を保つ条件なんです。^^

しかしですね、悲しいことに40代以降になってくると「女性ホルモン」が低下したり、頭皮の潤いを保ってくれ、雑菌の繁殖を抑えてくれる「表皮ブドウ球菌」が減少したりとなんだか悲しい事実が増えてくるんですって。それに、頻繁な白髪染が始まってくるお年頃なので、つねに頭皮は炎症が起きやすい状況になっています。さらには、紫外線や大気汚染などの生活環境ストレスなどで、ヘアサイクルが乱れ、髪の毛は十分に成長しきる前に寿命が尽きてしまいやすくなるそうな。

そうなってくると、やっぱり日々正常なヘアサイクルへ導くケアが大切だってことがわかりますよね!^^

私は「HANAオーガニック」のヘアケアを使っています!

顔のお肌ばっかり気にしがちな私だったのですが、年齢を重ねると「髪の毛」の健康や印象もとっても大切なので、私は「HANAオーガニック」さんのHANAオーガニックリセットシャンプー&3WAYトリートメントパックを使っているんです。すごいんですよ〜〜、「HANAオーガニック」さんのヘアケアセットって♪♪正常なヘアサイクルへの秘密がいっぱいなんです!^^

★リセットシャンプー
「リセットシャンプー」のすごいところは、年齢とともに減ってしまう「表皮ブドウ球菌」などの常在菌をできるだけ守り、生活環境ストレスによる日常的なダメージを洗いながらケアしてくれる!というところなんです。
いろいろな美容成分が、頭皮のダメージに働きかけて、毛根部に栄養を届けやすくして洗いながらヘアサイクルの正常化をサポートしてくれるんですよ。^^

★3WAYトリートメントパック
そして、「3WAYトリートメント」は炎症の鎮静に用いられてきた和漢植物、オーガニックハーブ、ダメージ修復力に優れた天然オイルなどの成分が配合されたトリートメントで、3つの使い方ができて、頭皮と髪を健やかに導いてくれる優れもの♪♪3つの使い方とは、①シャンプー後のトリートメント、②洗い流さないトリートメント、③パーマや染毛顔の頭皮パック、のこと。定期的に頭皮をパックすることによってヘアーカラーなどによってダメージを受けた頭皮の炎症の集中ケアが可能になるっていうのも、とっても嬉しいポイントなんです♪♪
しかも、香りがとっても素敵!なんだか神聖なる香りで、癒されます!

まとめ

「HANAオーガニック」さんのお品はどれも、香りが良くて使うたび心が清々しい感じになって、とっても気に入っています。5年後、10年後の自分のために、今を育んでいる気分になります。^^
その分少しお値段もしますが、あとから後悔したくないので使い続けたいな〜〜って思っています。
気になる方は是非チェックしてみて下さいね!
>>>詳しくは「HANAオーガニック」さんのHANAオーガニックリセットシャンプー&3WAYトリートメントパックをご覧くださいませ〜〜〜。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。^^

↓↓↓ランキングに参加しています!よろしければ応援お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る