迷ったらコレ!使い心地よし!コスパよし!「FANCL」の「モイストリファイン」は私の味方です!

実は2本目に突入なんです。^^(笑)

私のようにいろいろなコスメに興味があって使っていると、「次何を使おう〜〜?」とか「今月お財布がピンチ!」とかそういう時がありまして。。^^;
そんな時はこの「FANCL」「モイストリファイン」がおススメ!

初めて使った時の感動はそのままに、コスパも良いって感じるので、最近は迷ったらコレ!って決めているんです♪^^

>>>【ファンケル】1日中うるおいが続く肌を実感!無添加スキンケア

「FANCL」の「モイストリファイン」って?

一言で言うと!
「インナードライ」に着目した潤いケアラインなんです!

お肌の内側と外側からWでアプローチしてくれ、紫外線なのどの影響で、開きがちな毛穴の周りの肌を「VPエキス」が整えて、キュッと締まったふっくら潤い肌へ導いてくれるラインとなっています。

★VPエキス★
「VPエキス」ってすごいんです!
そもそも毛穴が開いてしまう原因を探ると、紫外線やブルーライトのような外部刺激によってコラーゲンを破壊してしまう「皮脂腺コントローラー」が増えすぎてしまうとか。その結果、毛穴が開きがちに。。
そこで!モイストリファインには「皮脂腺コントローラー」の増加を抑えてくれるビタミンP含有の「VPエキス」を配合してくれるというわけなんです。^^

それではまず、化粧水(モイストリファインローション)の方からみていきますね。

「モイストリファインローション」って?

★不使用なもの★
防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤

「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」があるのですが、私は「しっとりタイプ」を選んでいます。

1本(30ml)で約1ヶ月もちます。

1回の使用量は100円玉1枚分くらいなので、これくらいでしょうか〜〜。↑
少しとろみのあるテクスチャーになっています。

実際お肌に使ってみるとどんな感じ?

お肌に馴染ませていくと、お肌の中にぐんぐん入っていく感じがあります。少しとろみのあるテクスチャーなので、お肌の奥でとどまってくれているような感覚になります。

しっかり手の平で馴染ませてくと、ジュワッジュワッとお肌に吸い付いてくれます。ボトルの透明でクリアな感じと相まってか、お肌が潤いで満たされていくようなイメージになります。^^

すっごくしっとりするので、馴染ませた後のお肌はさサラッとはしていません。ほどよくしっとりです。
香りはほぼ無臭です。

では、次に乳液(モイストリファインエマルジョン)をみていこうと思います。

「FANCL」の「モイストリファインエマルジョン」って?

★不使用なもの★
防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤

こちらも化粧水(モイストリファインローション)と同じように、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」がありますが、私は「しっとりタイプ」を選んでいます。

こちらも1本(30ml)で約1ヶ月もちます。

1回の使用量は2プッシュなので、これくらい↑ですかね〜〜。

サラッとしたみずみずしい印象のテクスチャーです。

実際お肌に使ってみるとどんな感じ?

2プッシュを手のひらにとり、手の平を合わせて少し広げた後、お肌に馴染ませていくのですが、肌馴染みはすごく良いです。
保湿成分のホホバオイルが配合されていて、潤いをしっかりキープしてくれている感じがします。
こちらも馴染ませた後の肌は、サラサラというわけはありませんが、メイクに影響が出るほどではなかったです。
香りは化粧水同様ほぼ無臭です。

使ってみてどう?

化粧水→乳液と馴染ませていくと、馴染ませた後のお肌はとにかくお肌がふっくらしているのが分かるんです。^^
ふわっとした頬になっているような感じです。お肌の内側と外側からしっかり潤いをチャージしてくれているからでしょうか、お肌のキメが整っている感じがします♪♪
お肌がやわらかくなったような印象です。
「VPエキス」も良い仕事をしてくれているなぁって思います。(笑)

コスパも良し!

どちらも1本で1ヶ月もつわけなんですが、どちらも1本税込¥1540というお手頃価格。(ちなみに、まとめて購入するともっとお安くなりますよ。)この金額だと迷った時にとりえずコレにしておこう。。。って気軽に買えて、しかもこのお肌の仕上がり!^^
私にとっては、とっても心強い味方なのです!
気になる方は是非チェックしてみて下さいね♪
>>>詳しくは【ファンケル】1日中うるおいが続く肌を実感!無添加スキンケアをご覧下さいませねー。

↓↓↓ランキングに参加しています!よろしければ応援お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*よろしければご覧下さいませね*

カテゴリー

ページ上部へ戻る