気温が上がっていくこれからの季節に「FANCL」の「ディープクリア洗顔パウダー」でクリアな肌を目指しませんか?

気温が上がってきて、汗をかくこれからの季節。ただでさでいろんなところがベタつく中、お肌だけはクリアな肌でいたい!という思いから「FANCL」「ディープクリア洗顔パウダー」を使ってみることにしました。
口コミでも高評価を得ているようなので、期待したいです!^^

こんなお悩みありませんか?

★お肌のザラつき★
毛穴詰まりが原因で、お肌がゴワゴワで、ザラザラ。。。。
おまけに化粧ノリも悪いといった状態。。。
★Tゾーンの悩み★
テカリやベタつきが気になるTゾーン。皮脂よごれは毛穴の黒ずみやニキビの原因になります。。。
★黒ずみ、角栓の悩み★
小鼻に登場しやすい、黒ずみや角栓。皮脂よごれが酸化して登場してしまうとか。

気温が上がってくるこれからの季節は特に、深刻な悩みになってしまいますよね。。
そんなお悩みに「FANCL」「ディープクリア洗顔パウダー」は、一役かってくれそうなんです♪♪

「FANCL」の「ディープクリア洗顔パウダー」って?

★下記のものは使っていません★
防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤

「FANCL」「ディープクリア洗顔パウダー」を簡潔に言うと毛穴の汚れをごっそり落として、潤いのある肌へ!っていうことなんです。^^

★毛穴の汚れをごっそり落とす秘密★
1:酵素
まず、酵素が角栓・ザラつきのもととなるタンパク質に働きかけてくれます。

2:炭
そして、表面に多くの小さな穴が開いている針葉樹の炭が、肌表面の角栓・毛穴汚れを効率よくかき出してくれるそうなんですね。

3:吸着泥
それから、それから、豊富なミネラル成分を含む吸が角栓・毛穴汚れや老廃物を吸着し、からめとってくれるんです!^^

この3つの要素「酵素」「炭」「吸着泥」がとにかく、黒ずみ、角栓、毛穴の汚れを分解し、ごっそり取ってくれるっていうことなんです!要は、毛穴のお掃除をしっかりしてくれるっていうことでしょうか。^^

★潤い肌へ導いてくれる秘密★
1:アミノ酸系洗浄成分(FANCL独自)
肌本来のうるおいを守りながら毛穴の汚れをしっかり落とし、うるうるの肌へ!

2:糖、ヒアルロン酸
糖とヒアルロン酸配合でさらにうるおいキープし、キメが整い毛穴の広がりを抑えてくれるとか。^^

潤い成分もしっかり配合されているので、潤いのある肌を目指すことが出来るということなんですね♪♪

「FANCL」の「ディープクリア洗顔パウダー」を実際に使ってみました!

1パックに、こちら↑が30個入っています。使用量の目安としては1日1回(朝晩いずれか使用)とのことです。^^

蓋をめくってみると・・・。

中に炭色をしたパウダーが入っています。

中身を全部出すとこれくらいの量です。
少しお水と混ぜてみますね!

こんな感じでドロドロした(笑)感じになります。
ここから泡立てていくのですが、このまま泡立てていくよりも泡立てネットを使ったほうが、たっぷりの泡が出来上がります。

こんな感じ↑です〜〜。
けっこう弾力のある泡が出来上がりますよ〜〜!

使用感は?

私は夜のバスタイムの時に使っています。

たっぷりの泡が出来上がりますので、顔だけでなく首やデコルテにも使えます。何だかいつものボディソープよりも汚れをしっかり絡め取ってくれている気持ちになります。(笑)
濡れた手で、この蓋をめくるのですが、しっかり蓋の根元をもってめくると、そんなにめくりづらいっていう印象はなかったです。泡立てたあとの泡の香りは「普通のせっけんの香り」です。^^
洗い上がりの肌は明らかに肌印象が明るくなっているのがわかります。洗い上がりの肌はつるつるでモチっとした手触りになるので、気持ち良いです。

ただ、やっぱり時間をおくと「お肌が突っ張った感じ」になるので、化粧水や美容液は洗い上がりの肌にすばやく馴染ませることは必須かな。。って思います。

そうは言っても、「FANCL」の「ディーピクリア洗顔パウダー」を使って洗顔すると、肌の汚れが落ちキメの整った肌印象になるので、使い続けるたびクリアな肌へ導いてくれるんではないかな?って感じました。特にこれからの季節は、汗をかいて汚れもたまりやすいと思うので、今後も取り入れていきたなぁって思いました!とっても気に入りました!
気になる方はチェックしてみて下さいね!
>>>ディープクリア洗顔パウダー

最後までお読み頂いてありがとうございました。^^

↓↓↓ランキングに参加しています!よろしければ応援お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*よろしければご覧下さいませね*

カテゴリー

ページ上部へ戻る