ドクターリセラの「アクアヴィーナス サンカットクリーム」は肌に負担をかけない使い心地最高の日焼け止めなんです♪ | オーガニックの部屋

ドクターリセラの「アクアヴィーナス サンカットクリーム」は肌に負担をかけない使い心地最高の日焼け止めなんです♪

drリセラサンカットクリーム1

最近のお気に入りで使っているドクターリセラの製品達♪
Dr.Recella 【透輝の滴】じっくり10日間輝きセットの中の1つの「アクアヴィーナス サンカットクリーム」をご紹介したいと思います。^^
Drリセラ透輝の滴1
↑こちらのセットがDr.Recella 【透輝の滴】じっくり10日間輝きセットです♪


★「アクアヴィーナス サンカットクリーム」って?★
drリセラサンカットクリーム2
[成分]
水(海水)、シクロペンタシロキサン(有機ケイ 酸)、酸化チタン(鉱石微粒子)、ペンチレングリコール(コメ)、酸化亜鉛(鉱石微粒子)、PEG-9ジメチコン(有機ケイ酸)、セチルジメチコンコポリオール(有機ケイ酸)、塩化Na(塩)、水酸化Al(ア ルミニウム)、グリチルリチン酸2K(甘草)、ゲンチアナエキス(ゲンチアナ)、カミツ レエキス(カミツレ)、シャクヤク根エキス(シャクヤク)、セイヨウトチノ キ種子エキス(セイヨウトチノキ)、BG(イモ、サトウキビ)、PEG-10ジメチコン(有機ケイ酸)、ハイドロゲンジメチコン(ケイ素)、シリカ(ケイ素)ジステアリルジモニウムヘクトライト(ヤシ)、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン(有機ケイ 酸)、トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチ ルヘキシルジメチコン(有機ケイ酸)、ラベンダー油(ラベンダー)、セージ油(セージ)、ユーカリ油(ユーカリ)、オレンジ油(オレンジ)、カミツレ油(カミツ レ)、ローマカミツレ油(ローマカミツレ)、海塩


「アクアヴィーナス サンカットクリーム」も他の製品と同じく、石油合成界面活性剤や防腐剤(パラベン)を使用する事無く製品作りが可能となっている海洋深層水「α Gri-X」をベースにしている日焼け止めなんです!


しかも、紫外線吸収剤は不使用とのこと。
長時間肌につけるものなので、極力お肌に負担をかけたくないから、これはやっぱりものすごく嬉しいポイントですよね〜。^^


そして気になるSPF値はSPF25 PA++なんです!
一般的にはSPF1を約20分で換算するようなのですが、紫外線対策を重視しているドクターリセラではSPF1約10分として効果の目安をお知らせしてくれているということなんですね。ということで「アクアヴィーナス サンカットクリーム」SPF25=250分(4時間10分)の効果があるということ!
ついつい日焼け止めの塗り直しタイミングを逃しがちな私は、短め換算は安心ポイントの1つになります〜〜!


★実際に使ってみました!★
それでは「アクアヴィーナス サンカットクリーム」をちょっと手に取ってみますね〜。
drリセラサンカットクリーム3
こんな感じです〜。
これでだいたいパール1個分くらいでしょうか〜。ドクターリセラでは使用の目安はだいたいパール2〜3個分をおススメしています。^^
drリセラサンカットクリーム4
ちょっとクルクル伸ばすとこんな感じ〜。
腕にもつけてみますね。^^
drリセラサンカットクリーム5
伸ばしていきます〜!
drリセラサンカットクリーム6
さらに腕に馴染ませていきますね〜^^
drリセラサンカットクリーム7
最初は、ん??結構白め?なんて思いましたが、しっかり馴染ませると自分の肌にちゃんと馴染みます。テクスチャーの伸びも良いですよ〜。^^
これは実際顔につけても同じで、白浮きも全然しないです!
白浮きしないということで化粧下地としても使えちゃいます♪


ほど良いツヤ感も出るので、私の理想のお肌に近づく感じがしてとっても気に入っております。^^
香りは無臭です!


ただ塗り立ては若干ペタペタする感じがあるかな〜〜。その上からお化粧すると私は全然気になりませんが〜〜。(笑)
日中帯の乾燥も気にならないので、私はかなり気に入っておりま〜す。^^


Drリセラ透輝の滴1
理想の素肌を目指せるという「ドクターリセラ」のトータルケア♪
気になる方は是非チェックしてみて下さいね。^^


>>>詳しくはDr.Recella 【透輝の滴】じっくり10日間輝きセットをご覧下さいませ〜。^^
>>>「アクアヴィーナス」シリーズをたっぷりお試ししたい方は<ドクターリセラ>美白の初回限定セットをご覧下さい〜。^^



↓↓↓ランキングに参加しています!よろしければ応援お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*私のおススメ*



カテゴリー

ページ上部へ戻る